一番ハードルの低いアフィリエイト案件とは?

アフィリエイトとは何か

 

アフィリエイトとは、ずばり、成果報酬型の広告のことです。

 

流れとしては

 

Ⅰ.ホームページやブログ記事に商品・サービスの広告を掲載

Ⅱ.訪問者がその広告をクリックして商品やサービスを買い、広告主の利益となる

Ⅲ.成果報酬が収入として手に入る

 

こんな感じです。

 

超ざっくり言うと、口コミで儲けることが出来るということです。

ピエロ師匠からのコメント
今やどの業種でもアフィリエイトは使える。

ほんの5年前ぐらいまでは、アフィリエイトというと、
「ネットビジネス」や「情報教材」など
個人での副業・起業をメインどころにした儲け話に過ぎなかったのが、

最近はジャンルを問わず、普段インターネットでの売買をしていない人でも
アフィリエイトという単語の認知度が上がってきています。
なぜか??

アフィリエイトとは、要は誰かに紹介してもらって、
そのお礼として紹介料を払うものであり、

誰かに自分の商品やサービスを紹介してもらうというのは
基本どの業種でもできるので、

多くの経営者がアフィリエイトの存在と効果を徐々に気づき始めているのです。
その証拠に、今は何でもアフィリエイトができるようになっています。

エステ、クレジットカード、不動産、ウォーターサーバー、サプリメント、家のペンキ塗りの施工…。
なんでもあります。
アフィリエイトできないものを探す方が難しいのではないでしょうか?

 

アフィリエイトをやる上で一番重要なのが、「信用」です。

信用とは、
・お客さんへの信頼
・アフィリエイターへの信頼
・商品やサービス自体への信頼
など様々です。

アフィリエイトの基本は、じぶんが使ってみて、
「いいな」と思ったものを人に紹介するものなので、
そこに絡むすべてのものに対して信頼なしではできません。

この信頼を築くために
多くのアフィリエイターはまずメルマガやブログをはじめ、
有益な情報発信をして信頼を築いていくのですが、

見落としがちな点としては、
信頼に値する「商品」や「サービス」を選定できていないことです。

人同士では信頼し合っていたとしても、
商品やサービスが中途半端で怪しいものであれば、
アフィリエイトは成功しません。

信頼に値する商品やサービスの要件としては、
1、みんながよく使っているもの。見慣れているもの。
2、商品やサービスの内容がわかりやすいもの。
3、取り組みやすいもの。実現可能であるもの。
4、紹介しても違和感のないもの。自然な流れで紹介できるもの。

の3つです。
これらを満たせばアフィリエイトで成功する確率はぐっと高くなります。

この3つの要件を満たす代表例としては「本」があります。

人生の中で一冊も本を読んだことがないという大人はほぼいないので、
1を満たしますし、
本の内容も簡単に知ることができるので2も該当します。

さらに本は基本誰でも読むことはできます(時間がなかったり、もともと本を読むことが嫌いという方はべつとして)。なので3も満たします。

あとは、どんなジャンルでも本を誰かに紹介すること自体は、
何も違和感はないですし、それこそ読書感想文的な感じで
紹介すればいいのです。
というわけで4も満たす。

つまり、本は最高のアフィリエイト商材と言えますね。

まず本のアフィリエイトからやってみたい!
と思う方は、amazonの本を紹介することから始めてはどうでしょうか?



↑このa8netに会員登録すればamazonや楽天市場だけでなく、
他にもいろいろなアフィリエイト商材を扱えるようになるので
まだの方は絶対に登録しておいたほうがいいです。

紹介の方法はamazonなどの特定の商品のリンクを取得して、
自分のツイッターやブログなどに貼るだけです。

まず紹介しやすい本のアフィリエイトで慣れてきてから、
色々な商材を売っていくことをおすすめします。

ちなみに、紹介文や文章の構成で悩んでいる方は
ふったんにも無理やり読ませましたが、
この本が超オススメです。

・現代広告の心理技術101

この本の内容をマスターできれば、
アフィリエイトだけで月20万円ぐらいはいくと思います。